2月27日放送
「女性のダイエット」


健康を維持する上でも、体重や体型を意識することは大切ですが、無理なダイエットは女性の体にとって多くの弊害をもたらします。

急激な体重減少をもたらす無理なダイエットは、女性ホルモンのバランスを崩し、結果、月経異常や無排卵を引き起こし、不妊の原因となります。

月経は、女性ホルモンの分泌によって起こりますが、それを調整しているのが脳にある視床下部で、ストレスや急激な体の変化など、外部からの影響を受けやすい特質を持っています。
ダイエットにより影響を受けた視床下部から、卵巣への指令がうまく下りず、月経周期が乱れたり、月経が止まったりする、月経異常を起こします。
また、ダイエットにより体が栄養不足になると、脳は体が危険な状態であると判断し、生命を維持するために必要のない、排卵をとめてしまいます。
一旦停止してしまった卵巣の働きを元に戻すのは困難で、時間がかかります。

ダイエットをする上では、自分の適性体重を知ることも大切です。
肥満度を示す体格指数『BMI』を計算しましょう。
計算式はご覧の通りです。
BMIの標準は22で、25以上が肥満、18.5未満が痩せすぎとされていますので、もしダイエットをするなら、18.5未満にならないようにしましょう。

ダイエットの基本は、適度な食事と運動です。
自分に適した体重を知り、将来のためにも、無理なダイエットはやめましょう。

 
【2016年放送分一覧】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.