7月2日放送
「産後のサポート」


産後は、無事に出産を終えたと同時に、長く続く育児生活が始まります。
家族のサポートや地域のサポートを受けながら、なるべく無理のない育児を心がけましょう。

産後の育児には、お父さんのサポートが欠かせません。
『子育ては母親まかせ』ではなく、『二人で育てる』という気持ちが大切です。
お仕事で忙しいお父さんも多いと思いますが、オムツを替えたり、お風呂に入れたり、あやしたり、赤ちゃんと積極的にかかわってもらいましょう。

初めての子育ては戸惑うことも多く、育児書の記述どおりにはいきません。
わからないことや困ったことは、周りの人に相談しましょう。
地域の保健所、保健センターなどでも、さまざまな子育てのサポートが行われていますので、気軽に相談してみてください。
また、産後の体調不良で家事や育児を行うことが困難な場合、ホームヘルパーを派遣している自治体もあります。

また、産後はお母さんの精神面のサポートも大切です。
産後3日〜10日くらいに起きやすい一過性のうつ状態をマタニティブルーズといい、
およそ半数のお母さんが経験します。
感情の抑制がきかなくなるのが特徴で、体の不調として現れることもあります。
ほとんどは自然に治りますが、症状が長引く場合は産後うつが疑われ、医師による治療が必要になります。

産後の育児には、家族のサポートがとても大切です。
産後1ヶ月間は、お母さんの休養を最優先してもらえるよう、家族に協力してもらいましょう。
 
【2016年放送分一覧】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.