8月13日放送
「里帰り出産」


里帰り出産とは、妊婦さんが実家に帰り、里帰りした状態で出産することです。
メリットとしては、産後の家事や育児をサポートしてもらえることです。

産後のお母さんは、体が完全に回復していないのに、頻繁な授乳とおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話でとても大変です。
これに加え、家事や食事、授乳中の栄養についても気をつけないといけないので、さらに負担が大きくなります。
里帰り出産をすると、家事をせずに済み、子育てに集中することができますし、育児経験のある母親のもとで安心して過ごすことができます。

里帰り出産をすると決めたら、帰省先での病院を探しましょう。
病院によっては受け入れていないところもありますし、立会い出産や母子同室など、希望するお産のスタイルが選べるかどうかの確認もしましょう。

里帰りの時期は、妊娠9ヶ月の35週頃までに済ませるのがよいでしょう。
帰省する2、3日前に健診を受け、体調のチェックをします。
この時に、帰省先の病院宛に、これまでの妊娠経過を記した紹介状を書いてもらいましょう。

福田病院では、里帰り出産を希望される場合、予約制ではなく、分娩予定日の1ヶ月前までに来院していただきます。
里帰り出産を希望される妊婦さんとご家族には、院内見学も実施していますので、お気軽にご相談ください。

里帰り出産から自宅に戻るのは、1ヶ月健診で医師の許可をもらってからです。
出産後、すぐに必要な手続きなどもありますので、夫婦で協力して進めるとよいでしょう。
 
【2016年放送分一覧】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.