2月25日放送
「女性のダイエット」


多くの女性が、痩せて美しくなるためにダイエットに取り組んでいます。
肥満の解消という意味でのダイエットは、体の健康ためにも必要なことですが、激しい運動や極端な食事制限による無理なダイエットは、不妊の原因になる可能性があります。

行き過ぎたダイエットによる体重の急激な変動は、卵子の老化を加速させる原因になったり、ホルモンバランスが崩れることで、月経周期が乱れたり、無月経や無排卵を引き起こします。
将来、妊娠を望むのであれば、行き過ぎたダイエットは控えるべきでしょう。

妊娠という観点から考えると、体重管理はとても大切で、標準体重前後が妊娠しやすい体型といわれています。
標準体重を知る方法としては、肥満度を示す体格指数『BMI』があります。
計算方法はご覧のとおりです。
最も体に良いとされるBMI数値は22で、妊娠するのにも理想的な数値といわれています。
一般的に、標準が22、25以上が太りすぎ、18.5未満が痩せすぎとされています。
『太りすぎ』や『痩せすぎ』の場合は、どちらも、ホルモンバランスの乱れから、排卵障害が起こりやすくなり、妊娠にも影響します。

標準体重を目指すための、健康的なダイエットの基本は、『栄養バランスの取れた適切な量の食事』、『適度な運動』で、急激な体重の変動には十分注意しましょう。

本来、ダイエットとは、健康であるためのものです。
将来のためにも、適切な体重管理を行っていきましょう。

 
【バックナンバー一覧に戻る】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.