10月24日放送
「妊娠中期の体の変化」


妊娠中期は、妊娠5ヶ月から妊娠7ヶ月のことで、体調が最も安定することから、安定期ともいわれています。

妊娠5ヶ月には、多くの妊婦さんがつわりも落ち着き、食欲が出てくるので、体重が1ヶ月に1キロくらいずつ増え始めます。
乳腺も発達して、乳房が大きくなり、お腹も少し出てきます。
早い人では、胎動を感じるようになります。
また、医師の許可が出たら、マタニティスポーツなどの運動を始めることができます。

妊娠6ヶ月になると、お腹がせり出してきて、腰痛やこむら返りなどのマイナートラブルも起こりやすくなります。
また、乳首からは、乳汁が出ることもあります。
赤ちゃんの動きが活発になるので、ほとんどの人が胎動を感じるようになります。

妊娠7ヶ月になると、羊水が増えることで、お腹全体が大きくなり、乳腺の発達により、乳房も、さらに大きくなります。
子宮が大きくなることで、胃が圧迫されて胃もたれしやすくなるほか、下半身への圧迫で、むくみや静脈瘤が起こりやすくなり、膀胱も圧迫されるので、頻尿になりがちです。

また、妊娠中期は、急激な体重増加に注意しましょう。
つわりが治まった後の食べ過ぎや、運動不足などから、太りやすくなります。
妊娠中の太りすぎは、妊娠高血圧症候群や糖尿病などの原因になり、
難産にもなりやすくなるので、十分に気をつけましょう。


 
【バックナンバー一覧に戻る】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.