11月25日放送
「妊娠中にできるストレッチ」


妊娠中は、運動不足になりがちです。
不快な症状を予防するためにも、簡単なストレッチから始めてみましょう。
始めるのは、妊娠5ヶ月頃から、妊娠経過が順調であることが条件です。

まずは、『肩こりの予防・改善ストレッチ』。
背筋を伸ばし、両手を上へ伸ばして、ひじを曲げながら後ろへ引きます。
このとき、肩甲骨を背中の中央へ寄せるよう意識しましょう。
5回くらいを目安に行ってください。

次に、足のつり・むくみの予防・改善になる『足首のストレッチ』。
両手を後ろにつき、両足を伸ばします。
つま先を床に近づけるように、スネから足の甲を伸ばします。
かかとを突き出すように、つま先を手前に倒し、ふくらはぎを伸ばします。
2セットを目安に行い、その後、つま先で円を描くように、足首を回します。
反対回しも行いましょう。

最後に、『お尻・太ももの裏側・ふくらはぎのストレッチ』。
あぐら座から、右足を横に伸ばし、上半身を右足の方に向けます。
足がお腹に当たらないよう 右ひざを曲げ、つま先を上げます。
右手をひざに置き、背筋を伸ばしましょう。
左側も同様に行いましょう。

体を動かすときは、無理をせず、体調に合わせて行ってください。
 
【バックナンバー一覧に戻る】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.