12月9日放送
「マイナートラブル(2)」


マイナートラブルとは、妊娠中に起こる不快な症状のことです。
前回ご紹介した、『便秘』、『頻尿』、『腰や背中の痛み』以外で、妊娠期によって変化していく マイナートラブルを紹介します。

妊娠初期の主なマイナートラブルは、『つわり』や『倦怠感』などです。
中でも『つわり』に伴う症状は、吐き気や嘔吐、眠さ、体のだるさ、微熱、頭痛などで、個人差が大きく、対処法としては、『つわり』も『倦怠感』も、家事や仕事などで無理をせず、休めるときには休むことです。

妊娠中期の主なマイナートラブルは、『皮ふのかゆみ』や『妊娠線』などです。
『皮ふのかゆみ』には、皮ふを清潔に保つことと、保湿で対処しましょう。
『妊娠線』は、保湿に加え、急激な体重増加に気をつけること。
一度現れると、なかなか消えないので、こまめな保湿でケアしましょう。

妊娠後期の主なマイナートラブルは、『静脈瘤』、『痔』、『むくみ』、『こむら返り』などで、『静脈瘤』は、弾性ストッキングの着用や、足を上げて休むこと、『痔』は、便秘の改善、食事療法、血行改善、『むくみ』は、塩分を控える、マッサージ、着圧ソックスの着用、足を上げて休むこと、『こむら返り』は、ストレッチ、適度な運動、カルシウムの摂取、などが対処法となります。

人によっては大変辛いマイナートラブルですが、その多くは、赤ちゃんが生まれると消えてしまうものです。
対処法を取り入れて、上手に乗り切りましょう。
 
【バックナンバー一覧に戻る】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.