毎月第3土曜日9:55放送

5月21日放送
『メッセージと簡単ストレッチ』

地域密着型のリハビリ専門病院である「山鹿温泉リハビリテーション病院」。このたび地域医療をより一層充実させるために生まれ変わり、昨年6月にグランドオープンしました。従来どおり、きめこまやかなリハビリテーション治療を行いながら、1日も早い社会復帰を目指します。新病院には新しい医療機器を導入し、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが連携しながら、外来、入院、通所と患者さんに合わせたスタイルのリハビリを行っています。

このたびの平成28年熊本地震で、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。当院は幸いにも大きな被害もなく、通常通り診療、入院、リハビリテーションを行っております。皆様の1日も早く元気になられますよう、職員一同、小心よりお祈り申し上げます。

山鹿温泉リハビリテーション病院では、「自立したこころとからだの回復」を目指し、専門のスタッフが様々な機器を駆使した医療と心温かな診療、看護で社会復帰のお手伝いをしています。長引く避難生活を送っていらっしゃる方で、特に高齢の方や障害のある方々は、孤立・生活不活発になりやすいです。そのため、それに伴う種々の病態の予防や改善策が大切になってきます。当院では、継続的なリハビリテーション支援を行っていく予定です。今回は、理学療法士による生活不活発病の予防方法についてご紹介します。

生活不活病とは、活動性が低下するために起こる筋力低下やうつ状態、知的活動の低下、めまい、立ちくらみなどの症状が起きることです。生活不活病の予防は、なるべく動くことを心がけること。また、日中ずっと横にならないように心がけることが重要です。運動は、少ない量を数多く行ないましょう。以下の写真と説明文を参考に、避難所でもできる簡単ストレッチに挑戦してみてください。
 

【過去放送分】
【ホーム】

(C)2015 TKU
All right
reserved.