毎週火曜よる9:54

1月19日

今回は、『赤ちゃんの健診』について
お話:福田病院 小児科 土屋 廣幸 医師


出産後、お母さんと赤ちゃんは5日から7日程で退院しますが、その後一週間は健診をすることが多いです。
赤ちゃんのチェック事項は、体重がしっかりと増えているか、母乳やミルクをしっかりと飲めているか等ですが、体重的には退院後一週間は1日平均体重30gづつ増えていくのが理想です。
また、退院後一週間というのは黄疸(おうだん)が強くなる時期です。
黄疸そのものは病気ではないんですが、黄疸があまり強くなると赤ちゃんの体調が悪くなることがあり、痙攣(けいれん)などを起こす場合がありますので一週間健診での注意が必要です。
その後は1カ月健診になります。
1カ月健診では、体重や黄疸はもちろん、へそがしっかり取れているか、股関節の状態で股がしっかり開くかなどを重点的に診ます。
赤ちゃんにとって足の開く位置はとても大事ですので、お母さんたちに縦抱きの指導などもします。
その他、湿疹やかさつき、便秘など色んな症状が出てくる可能性がありますので、病院側では、1カ月健診の際にお母さんたちの幅広い疑問にお応えし、安心していただくようにしています。
【Backnumber2016】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.