毎週火曜よる9:54

2月16日

今回は、『妊婦さんの栄養』について
お話:福田病院 管理栄養士 澤田 恵子さん


まずは、妊婦さん自身が「お腹の赤ちゃんが育つためにはどういう食生活がいいのか」をよく考え頂きたいと思います。
赤ちゃんの体を作るために必要な栄養素は「たんぱく質」、「カルシウム」、「ビタミン」等ですが、妊娠中はこれらの栄養素を普段よりも多く摂取する必要があります。
特に外食の際に気をつけたいのは、できるだけ多くの食材を使った食事を選ぶということです。
出来れば定食のように、主食、主菜、副菜を組み合わせたメニューですと、栄養のバランスが摂りやすくなります。
最近は、比較的細い体型の妊婦さんが、低体重のお子さんを出産されるケースが増えていますので、妊娠中はお腹の赤ちゃんが育つために何が必要なのかを日々良く考えた体作りを心掛け出産を迎えて頂きたいと思います。
【Backnumber2016】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.