毎週火曜よる9:54

2月23日

今回は、『マタニティヨーガ』について
お話:福田病院 助産師 前田 彩さん(日本マタニティヨーガ協会指導員)


マタニティヨーガは、「体操」「呼吸」「リラックス」「瞑想」の4つから成り立っていて、ヨーガのポーズを取り入れながら、呼吸法やリラックスといった、お産に必要なものが自然と身に付くようになっています。
また、マタニティヨーガをすることで、妊娠中の不快な症状を取り除く効果も期待できます。
お産に向けて、体が柔軟になることはもちろんなのですが、瞑想やリラックスを通して、産まれてくる赤ちゃんへの思いを巡らせたり、お母さん同士の情報交換の場にもなります。
そしてマタニティヨーガは、助産師や看護師が担当していますので、ヨーガの際に妊娠中の様々な悩みを気軽に相談することもできます。
冬の寒い時期は、ついつい家に閉じこもりがちですが、せっかくの妊娠期間ですので、マタニティヨーガをはじめ、様々なマタニティフィットネスに積極的に参加され楽しい妊婦生活を送っていただけたらと思います。
マタニティヨーガなどのマタニティフィットネスに参加する場合、医師の許可が必要で、基本、妊娠16週以降、切迫流産や早産の兆候のない方などとなっていますので医師とよく相談の上ご参加下さい。
【Backnumber2016】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.