毎週火曜よる9:54

5月24日

今回は、『働くプレママのために』について
お話:福田病院 助産師 中島 奈々子さん


妊娠を職場へ報告するタイミングは、妊婦さんご自身の様々な事情によって変わってくると思いますが、病院としては妊娠されたらなるべく早めに報告されることをお薦めします。
仕事中にもし急に出血したり、お腹が痛くなったりした時のことを考えますと、急に仕事を休まないといけない状況が出てくるかもしれません。
ただ身体がきつい、だるいということで仕事を休むのは厳しいと思いますが、医学的に何らかの診断が付けば診断書を医師に出してもらうことが出来ますので、まずは医師に相談されることをお薦めします。
また母子手帳にも記載されていますが、働く妊婦さんのための出産育児に関する制度の一つに「母子健康管理指導事項連絡カード」があります。
医師が記入した内容と合致する場合、事業主は勤務時間の変更や勤務の軽減などの必要な措置を取る義務があります。
妊娠されたら早めに職場に報告をして、出来れば代わりの利く業務体制にして頂くことが望ましいですね。
仕事をしながら妊婦生活を送るのはとても大変な事ですし、職場によっても妊婦さんの受け入れに差があると思います。
無事に出産を迎えられるよう、ご自身の体調管理を第一に考え、毎日を少しでも楽しく過ごして頂ければと思います。
【Backnumber2016】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.