毎週火曜よる9:54

6月7日

今回は、『妊婦さんとお口の健康』について
お話:子供とママの健口を育む会 河端 憲彦 歯科医師


妊娠すると体の環境は大きく変化します。
お口の中も例外ではなく、つわりがおきた時に「甘い物や酸っぱい物が好きになる」、「気持ち悪くて歯みがきができない」、「いつも何か食べていたくなる」といった様々な症状が出るケースがあります。
また「唾液の量が少なくなる」、「唾液の質が変化する」、「ホルモンの影響で細菌が増える」といった場合、歯周病や虫歯が悪化しやすい環境になり易いのでケアが重要です。
特に歯周病の方は、早産や低体重児出産のリスクが2倍から4倍高くなると言われていますので、早期予防が必要です。
妊娠期の口内環境で、色々悩むことが出て来た場合、一人で抱え込む事なく、専門家のアドバイスを受けて頂いて、「お子様と一緒に健康」という一番の宝物を得て頂けることを願っています。
 
【Backnumber2016】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.