毎週火曜よる9:54

1月31日

今回は、『妊婦さんの冷え対策(2)』について
お話:福田病院内 コアラウェルネス インストラクター 竹本 洋子さん(日本マタニティフィットネス協会認定インストラクター)

妊娠中の主な冷えの原因としては「ホルモンバランスのくずれ」や「運動不足による筋肉の衰え」、「姿勢の変化による血行不良」などが挙げられます。
また、腰痛などの症状や夜寝つきの悪い方は、体の冷えがこれらの症状を更に強くしてしまうことがあります。
冷えの対策の一つとして、ウォーキングやストレッチなど、体を動かし血液の流れを良くすることをお勧めします。
特に妊婦さんの場合、お腹が大きくなることで股関節周りに負担が掛かり、下半身の血流が悪くなりますので、股関節周りをほぐしてあげることが大切です。
適度な運動は血行を良くするだけではなく、出産に必要な筋力、体力の獲得など妊婦さん自身の健康増進にも役立ちますので、ぜひ体を動かしこの寒い冬を乗り越えましょう。

 
【backnumberに戻る】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.