毎週火曜よる9:54

4月4日

今回は、『赤ちゃんの予防接』について
お話:福田病院 小児科 中田 絵美 医師

0歳で受けるワクチンは、全部で7種類あります。
公費負担があり無料で受けられる定期接種が「ヒブ」、「肺炎球菌」「B型肝炎」「四種混合」(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)、「BCG」、「日本脳炎」の6種類。
あと有料の任意接種で「ロタ」ワクチンがあります。
赤ちゃんのワクチンは生後2カ月からスタートすることができます。
2カ月の時に受けられるワクチンは、無料のもので「ヒブ」「肺炎球菌」「B型肝炎」の3種類と、有料の「ロタ」、合わせて4種類です。
たくさんあるので1本ずつ接種されてもいいのですが、4つまとめて打つ「同時接種」もご利用できます。
最初のワクチンを始めますと自ずと次のワクチンを接種する時期、スケジュールが決まりますので、まずは2カ月目のワクチンから始めて頂きたいと思います。
もし、ワクチンの副反応への質問や、接種期間を過ぎてしまった場合は赤ちゃんの体調や体質など個別の事情を考える必要がありますので、接種予定の病院で母子手帳をもとに相談して頂きたいと思います。
予防接種で予防する病気というのは、基本的には治療法がない病気です。
万が一掛かってしまいますと重い障害が残ったり、場合によっては命に関わる場合もありますので、ぜひワクチン接種はきちんと対応してほしいと思います。
 
【backnumberに戻る】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.