毎週火曜よる9:54

8月1日

今回は、『赤ちゃんの水遊びの注意点』について
お話:福田病院 コアラ保育園 保育士 小畑 亜紀子さん

水遊びは子どもの楽しみの一つで、親子で楽しく触れ合う機会です。
水遊びは、楽しい、涼しいだけではなく、水に触れることで「冷たいな」「バシャバシャと音がする」など、様々な五感を刺激します。
また、水遊びをすることで水に慣れ、体力がつき、遊んだあとはぐっすり眠る習慣も整ってきます。
水遊びを始める前の注意点としては、まず子どもの体調が良いかしっかり確認してください。
熱はないか、便は柔らかくないか、食欲はあるか、機嫌は良いかなどをチェックし、いつもと違うようであれば控えましょう。
熱中症、紫外線対策も忘れずに行なってください。
直射日光はできるだけ避け、日陰を選んだり、帽子を着用してください。
また、細目な水分補給が大切です。
水遊びのあとは、思った以上に体が疲れていますので、お昼寝をしたり、ゆっくり過ごすなど体を休ませる時間を作るようにして下さい。
水遊びは楽しいものですが、大きな事故につながる可能性もありますので、決して子どもから目を離さないよう注意しましょう。

 
【backnumber2017に戻る】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.