毎週火曜よる9:54

8月8日

今回は、『里帰り出産』について
お話:福田病院 助産師 吉田 真矢さん

妊婦さんが実家に帰り実家近くの病院で出産することを「里帰り出産」と言います。
里帰り出産のメリットは、出産・子育て経験のある実母が側にいるので出産時に病院に行く目安等がわかり安心できること。家事を任せて育児に集中でき、体をしっかり休めることができること。慣れない育児の相談もすぐに相談できるなどが挙げられます。
デメリットとしては、病院を途中で変えることでの不安。ご主人と長い期間離れて暮らすことへの不安。パパの育児への参加が遅れる等が挙げられます。
里帰り出産を決めたら、里帰りが可能か実家への確認や、里帰り先の病院の下調べを行ない、出産をする病院に初診予約と分娩予約を取ることが必要です。
分娩予約を取る時期は病院によって様々ですので、下調べは妊娠がわかった時点でなるべく早い時期の体調が良い時に行なうことをお薦めします。
妊娠経過に問題のない方は、妊娠34週頃までにはかかりつけの病院に紹介状を書いてもらい、実家に移動された方が良いでしょう。
里帰り出産は、上記留意点に注意しご家族と十分にお話しをされてから行うようにしてください。

 
【backnumber2017に戻る】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.