毎週火曜よる9:54

8月15日

今回は、『絵本の読み聞かせ』について
お話:福田病院内「エリアベネッセ おやこの広場」脇元 由布子さん

福田病院の1階にある『エリアベネッセ おやこの広場』では、親子向けの絵本を使ったイベントを行なっています。
イベントでは、親指や人差し指、中指を使ってつまむことで指の発達を促すといった、お子様の月齢に合わせた発達を刺激するような仕掛け絵本を使っています。
また、ご自宅でも楽しく読み聞かせができるように絵本の選び方や読み聞かせのコツもご紹介しています。
赤ちゃんは、まだ言葉で表現することはできませんが、絵本の音やリズムの面白さを感じることができると言われています。
絵本を読みながら「いないいないばあ」をしたり、赤ちゃんをギュッと抱きしめたり、触れ合いは赤ちゃんにとってとても楽しい体験になります。
絵本の読み聞かせは、お家の方とのスキンシップを深める機会としておすすめですし、0歳の頃の親子の愛着形成を積み重ねる時間をつくる上で最適なコミュニケーション方法だと思います。
その中でも仕掛け絵本は、文章を読むだけでなく遊びながら読むことが出来ますので、読み聞かせに自信がないパパやママにもお奨めです。
どんな本を選んでいいのかわからない、読み聞かせのポイントを知りたいという方は、ぜひ福田病院の1階にある『エリアベネッセ おやこの広場』の親子イベントへお越しください。

*イベントに参加ご希望の方は事前に予約をお願い致します。
096-211-2112 (受付時間)10時〜17時
(休)日曜、祝日、年末年始
 
【backnumberに戻る】
【ホーム】

(C)2012 TKU
All right
reserved.