12月20日放送
「年末年始の救急医療体制」
熊本県医師会 西 芳徳理事


Q)年末年始、受診について
A)今年も残すところわずかとなりました。
年末年始は、多くの医療機関がお休みになりますので、注意が必要です。
日頃かかりつけの病院に受診している方は、その病院のお休みがいつになるか、ぜひ確認をしておきましょう。またお休みの期間のお薬などは早めにもらっておくようにして、困ったことにならないよう、もう一度確認をお願いします。
また、仕事が忙しい等で十分治療が出来なかった方や体調面で気になることがある方は、ぜひ今のうちに受診されることをお勧めします。と、言いますのも年末年始は救急医療体制になり、専門医の対応が出来ない場合がありますので、ご注意ください。

Q)小児の休日の救急医療について
A)お子さんの病気には、日中は休日当番医を利用していただき、夜間は電話番号#8000で小児救急電話相談もご活用していただければと思います。夜間の急な発熱、おう吐、薬のことなど、不安で困った時、気軽に相談できます。利用可能な時間帯が広くなっていまして、休日当番医が対応できない時間帯で対応できるシステムになっています。
平日は午後7時から翌朝8時まで、土曜日は午後3時から翌朝8時まで、
日曜・祝日は朝8時から翌朝8時まで相談できます。
いざという時慌てないためにも、年末年始の準備の一つとして救急医療情報の確認をぜひお願い致します。

 

【過去放送分】
【ホーム】

(C)2013 TKU
All right
reserved.