後藤 祐太
TKUアナウンサー 後藤 祐太 Yuta Goto

文治じーの米作り①

お久しぶりです。
春はあっという間に過ぎ去り、暑い暑い夏がやってこよーとしています!!
夏の始まりの恒例行事と言えば、後藤家では小さい頃から田植えの準備です。

先週末にはついに稲の種まきを終え、苗の生育が始まりました!!

毎年毎年当たり前のルーティン。
秋の収穫まで、本格的な米作りシーズンの開幕です!!!

でも今、お米がどーやって作られているのか知らない人も多いのではないでしょうか??

なので今年は手伝いに行った時には出来るだけ写真に残し、皆さんにお伝えできればなと思っています。

どのくらいの期間かけて準備をし、お米をどーやって育て、収穫するのか。
農家の大変さを知っていただき、お米を大切に美味しく食べていただければ嬉しいです!!

という事で、早速、パート①は『米作りのシーズンイン』

実は、2月から米作りの準備が始まるんです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は2月20日。まだまだ田舎では肌寒い時期です。

まずは登場人物のご紹介。
何回続くか分かりませんが、このシリーズの主人公は僕の父方の祖父、文治じーさん 90歳。
5年前に祖母が亡くなったため、山都町(旧矢部町)の山奥に今は1人で住んでいます。

次男の滉太(4歳)と2人で平日にお手伝い!!

まずは山都町にいったら絶対に行くべし、『おちかラーメン』

腹ごしらえをして、いよいよシーズンイン、今季開幕という事で気合の丸刈りから。

 

 

 

 

 

 

 

 

これもきっと美味しいお米作りに繋がっている…はず。

そしていよいよ、最初の作業へ!
皆さん、《お米作り専用の土》があるのをご存知ですか??

 

 

 

 

 

 

 

 

文治じーが軽トラから下ろしているのが種を植えて苗を育てる専用の土。
《床土(とこつち)》と言われ、うちでは良質な土を専用の業者から購入しています。
普通の土とは違い、病虫害を防ぎ、通気性がよく、水分をたっぷり含むことができる特別な土なんです!!
軽トラ2台分でおよそ7000円。

車の免許を持っていない文治じーの代わりに半日かけて15キロほど離れた

床土屋さんから2往復して土を運びました!

見た目の違いは分かりませんが、文治じー曰く「色々試したがここの土が1番よく育つ」

だそーです。

お米の出来を左右すると言われる床土が文治じーの家に届きました。

たったこれだけでもあっという間に日が暮れ1日が終了。

パート①はこの辺りまでにしときましょう。
(土の話しかしていない…笑)

ちなみに文治じーの家の周りはとにかく自然豊か。
次男と散歩していると、罠にかかった鹿に遭遇。

 

 

 

 

 

 

 

 

空気も水も綺麗で、自然の中にある田んぼだからお米も美味しいんでしょうね。
文治じーにとっては鹿は天敵ですが…

次回は田んぼについて、ご紹介しますね!

種撒きまでにはまだまだいくつもの工程があるんです!

お楽しみに〜

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!