熊本 竜太
TKUアナウンサー 熊本 竜太 Ryota Kumamoto

第33回FNSアナウンス大賞

1番は地震後にほったらかした家族に。

2番目は産んでくれた両親に。

3番目に報道部の我が家族にありがとう。

フジテレビジョン系列28局のアナウンサーによる

第33回FNSアナウンス大賞で

熊本地震の中継が番組部門1位のアナウンス賞を頂き、

先日東京で表彰式に出席しました。

アナ1年目の奨励賞から始まりブロック賞、敢闘賞。

コツコツなんとか頑張って自身4回目の授賞です。

これまで応援して支えて頂いたみなさんに捧げます。

熊本地震への支援に感謝し、最後の1人が

「もう復興しました。もう取材は大丈夫ですよ」というまで伝え続けること。

その後は、

「熊本地震って何?」という世代に伝え続けること…。

2012年の授賞式で大賞を授賞し東日本大震災を伝える

仙台放送の佐藤アナウンサーの言葉を拝借しました。

前にも書いたのですが、

会場では入賞作品がダイジェストで流れます。

比べてみれば世界が違いレベルも違います。

足りないものも未熟な技術も全部がさらけ出されます。

キャリアや年次は関係なく、上には上がいる。

頭を低くし更に技術を磨きます。

で、自分へのご褒美に東京で買ったのは

災害用の新しいレインウエア。ちょっとヨカやつ。

スーツとかじゃなくてカッパ。仕事愛してます。

「ここから頑張れよ」と励まして頂いたフジテレビの大先輩と。

最近の投稿

記事一覧

アーカイブ

アナブロ

RSS
follow us in feedly