中原 理菜
TKUアナウンサー 中原 理菜 Rina Nakahara

ありがとうございました

「5分早いですが、お先に失礼していいですか」

「おう!お疲れー。5分でも30分でも早く帰れ。子供が待ってるだろう」

これが、荒木さんとの最後の会話でした。

 

守ってもらい、励ましてもらい、ときには叱ってもらい…

荒木さんがいらっしゃったから、ここまでやって来られました。

 

荒木さんのいないフロアは、とても静かです。

でもそんな静寂、欲しくはありませんでした。

まだ荒木さんの大きくて元気な声がフロアに残っているようです。

 

この試練をTKUの皆で乗り越えます。

TKUには多くの方から、惜しむ声が寄せられています。

荒木さんを愛してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

最近の投稿

記事一覧

アーカイブ

アナブロ

RSS
follow us in feedly