今年は満開の桜を存分に楽しんだ岡本です。

私のお仕事、ファイナンシャルプランナーの役割の一つに「将来起こるかもしれない、経済的なリスクを把握し、理解し、回避する」があります。

話しは少し飛びますが、先日、地震体験で震度7を模擬体験させていただきました。私はまだ、大きな地震を経験したことはありませんが、仮にあの揺れに襲われたら動けなくなる・・・と思いました。
緊急地震速報や地震予測のメルマガ等で、極短期~短期でも地震予報の精度がもう少し上がってくれればいいなぁと思っています。

住宅FPとしては、経済的潜在リスク回避だけではなく、住宅を買う方も、買わない決断した方も①心構え、②住まい環境の現状把握、③具体的準備、といった物理的潜在リスクにも目を向けていただきたいと思います。

住まいは物理的な守りのかなめになります。ときどきイメトレしてみてください。安心の住環境が実現することを応援しています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントフィード

コメントする