TKU番組審議会2020年11月

1.とき

令和2年11月18日(水)   午前10時30分~12時00分

2.ところ

テレビ熊本3階中会議室

3.委員の出席

委員総数 8名
出席委員 8名 (委員順不同・敬称略)
委員長 中山 峰男
副委員 野々口 弘基
委員 田尻 和子
大津 愛梨
出田 敬太郎
宮尾 千加子
川畑 健二
前田 英男
放送事業者側報告 代表取締役社長 河津 延雄
常務取締役報道編成制作局長 伊藤 典昭
報道編成制作局編成制作部 高津 孝幸
番組審議会事務局長 山本 健太
番組審議会事務局 恒松 聡美
番組審議会事務局 堤 渚

4.議題

  1. 『熊本復興支援 未来へエール』2日目11月1日(日)13:00~15:00放送についての合評
  2. 事務局報告
  3. 『10月視聴者対応』の報告(視聴者センター)

5.議事の概要

今回は、『熊本復興支援 未来へエール』についてご意見を伺いました。
番組では、新型コロナウイルスや豪雨災害による影響で活動の機会を失った学生たちに『発表の場』を提供、未来を担う若者を応援することで熊本の復興につなげようと、2日間にわたって放送しました。委員からは、「発表の機会を設け生放送することに意義があり、生徒はもちろん保護者・地域の人の希望になったのではないか」、「生徒1人1人の思いが見ている人の心に響く構成になっていた」など評価する意見が出されました。  一方で、「ひとつひとつの企画は良いが、番組全体のストーリー性が弱い」、「お笑い芸人のネタなどコンセプトから少し離れた場面に違和感が残った」、「ステージ進行を高校生に任せるなどすると、より一体感が出る」など、改善を求める意見も出されました。

6.審議機関の答申、または改善意見に対してとった措置

  1. 答申の内容
    なし
    措置の内容
    今回の審議会における各委員の意見・指摘は、令和2年12月の役員・局長・局次長・部長・担当部長で構成する「全体会議」で報告。あわせて関係部署の担当者への報告、周知。
  2. 意見・措置の内容
    なし。

7. 機関の答申、または意見の概要を公表する際の内容方法および年月日

  1. 自社の放送として、令和2年11月19日(木)午後6時9分からの『TKUライブニュース』で放送した。
  2. 令和2年11月20日(金)の西日本新聞(朝刊)に掲載。
  3. 令和2年12月14日(月)から当該事項を記載した書面をテレビ熊本・本社番組審議会事務局へ備えおき視聴者の閲覧希望に対応する。
  4. 令和3年新春号社内報に掲載予定。
  5. その他
    1. 社内LANに転載予定。
    2. テレビ熊本インターネット(ホームページ)に転載。
    3. 令和2年12月27日(日)午前6時15分から放送の検証番組『TKUテレビ批評』で報告予定。

8.その他の参考事項

  1. 訂正及び取り消しを行った放送、視聴者から申し出があった内容を取り上げた放送はありませんでした。
  2. 視聴者の苦情等で番組審議会に報告する事項はありませんでした。

社名

株式会社 テレビ熊本

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!