新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中の皮ふトラブル」

妊娠中は体に大きな変化が起こりますが、皮ふも例外ではありません。
皮ふのトラブルに悩む妊婦さんは多く、その症状はさまざまです。
         
妊娠中、最も皮ふトラブルが起こりやすい時期は、妊娠初期だといわれています。
妊娠初期には、妊娠を維持するための女性ホルモンが急激に増加し、ホルモンバランスの変化が起こるためです。ホルモンバランスの変化は、皮ふの水分量にも影響するので、
体質によって、乾燥肌か脂性肌のどちらかに偏りやすくなり、刺激にも敏感になります。

妊娠中の皮ふトラブルの症状としては、皮ふの乾燥、かゆみ、ニキビ・吹き出物、シミ・ソバカスなどがあります。
妊娠中は、水分や、ビタミン、ミネラル類が優先的に赤ちゃんへと供給されるので、
皮ふの乾燥が起こりやすく、ひどくなると、かゆみを引き起こします。
乾燥に気づいたら、保湿剤などで早めにケアすることが大切です。

また、女性ホルモンには、皮脂の分泌を盛んにする作用もあるので、普段、ニキビや吹き出物ができない人もできやすくなったり、メラニン色素を増やす作用によって、
もともとあったシミやソバカスが濃くなったり、新たにできやすくなります。

これからの季節、日焼けには十分気をつけましょう。
曇りの日でも、紫外線量は晴れの時の60%はあるそうなので、外出の際にはもちろん、日常生活でも、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!