新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中に気をつけたい食べ物」

妊娠中にお母さんが食べるものは、お腹の赤ちゃんの栄養となるので、バランスよく食べたいものですが、食べ物の中には、赤ちゃんに影響するものもあるので、注意が必要です。

妊娠中は、免疫力が低下するので、食中毒など食べ物が原因の病気にかかりやすくなります。その中でも特に、妊娠中に感染しやすくなるのが、リステリア菌です。
リステリア菌は、胎盤を通して赤ちゃんにも感染し、早産や死産、新生児の髄膜炎や敗血症などの原因となることがあります。
塩分に強く、冷蔵庫でも繁殖するのが特徴で、加熱により死滅します。
加熱が不十分な食品である、ナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどの食肉加工品、
スモークサーモンなどの魚介類加工品には、必ず火を通すようにしましょう。

このほか、食中毒を起こしやすいとされている、生卵や生肉、生牡蠣や二枚貝などにも注意しましょう。
加熱処理をしっかりと行えば、食中毒の原因となる多くの菌は死滅するので、妊娠中は、必ず火の通ったものを口にするようにしましょう。
また、食中毒の予防としては、調理や食事の前によく手を洗い、調理器具を衛生的に保つことも大切です。

良質のタンパク源となる魚ですが、魚には、食物連鎖によって高濃度の水銀を含んでいるものもあります。
赤ちゃんの発達に影響する恐れもありますので、偏った食べ方はやめましょう。