新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「葉酸サプリメント」

葉酸は、妊娠期に欠かせない栄養素として、厚生労働省も摂取を推奨している ビタミンの一種です。

葉酸は、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんに必要不可欠な栄養素です。
タンパク質や、細胞を作るときに必要なDNAなどの核酸の合成に働き、DNAが正確な遺伝子情報を保持して生成されるのを助けるなど、細胞の生産や再生に必須の栄養素です。
また、ビタミンB12とともに、血液を作るために必要な、赤血球の生成を助けるので、『造血のビタミン』ともいわれています。

特に、妊娠前から妊娠初期にかけて十分な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの先天異常である神経管閉鎖障害の発症リスクを下げることが分かっていて、厚生労働省では、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の間は、食品からの摂取に加え、サプリメントなどの栄養補助食品から、1日400マイクログラムの摂取を推奨しています。
サプリメントの過剰摂取による悪影響も報告されていますので、1日の摂取量の上限、1000マイクログラムを超えないように気をつけましょう。

ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜、レバーや豆類など葉酸を多く含む食品を意識して取るようにしましょう。

葉酸は、熱に弱く、水に溶けやすい性質なので、スープや煮込み料理などがおすすめです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!