新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「産後の回復」

産後は、妊娠中に10ヶ月をかけてゆっくりと変化した体が、急激に元に戻ろうとするので、相当な負担がかかります。

産後、体が回復するための6週間~8週間を『産褥期』といいます。
この期間の過ごし方が、回復にも影響しますので、無理をしないことが大切です。

体が回復していく過程では、出産のために大きく膨らんでいた子宮が元の大きさに戻る『子宮復古』、子宮が収縮するときに起こる『後陣痛』、傷ついた産道や子宮からの出血が混じった分泌物である『悪露』の排出などが起こります。
『悪露』は、子宮回復のバロメーターで、一般的に、産後1週間ほどは、ほとんどが血液で量も多い状態が続き、その後1ヶ月程度を目安に、量が減り、茶褐色から黄色っぽいおりものへと変わっていきます。

また、帝王切開での出産だった場合、通常の回復に加えて、手術による傷口の回復に4週間~6週間ほどかかります。
術後1日~2日は、傷の痛みと子宮収縮が重なって、少し強い痛みがあり、3日目くらいから、経膣分娩の方と同じように、動けることが多いようです。

産褥期を過ぎても、体調不良が続く場合には、病院を受診しましょう。
次回は、産後に気をつけたい症状についてお話します。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!