新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊活について(1)」

近年、女性の社会進出や、晩婚など、ライフスタイルが多様化したことで、高齢での妊娠・出産が多くなり、同時に、『妊活』という言葉をよく聞くようになりました。

妊活とは、妊娠についての知識を身につけ、生活習慣などを見直し、体質を改善しながら妊娠するための力を高めていく活動で、妊娠にまつわる前向きな活動全般を示します。
今すぐに妊娠を望む人だけでなく、将来的に妊娠を考えている人も、妊娠についての正しい知識を持つことは、とても大切です。

自然妊娠は、卵巣から排卵された卵子が卵管を通る間に、精子と受精し、子宮に着床することで起こります。
妊娠する可能性があるのは、排卵日の6日前から排卵日の1日後くらいまでです。

女性が一生の間に排卵する卵子の数は決まっていて、およそ500個といわれています。卵子のもとは、生まれた時から体内にあり、年齢と共に年をとっていきます。
一般的に、20代~30代前半が、妊娠適齢期とされていて、35歳を過ぎると、卵子の老化にともない、妊娠の確率が大きく低下し、40歳以降はさらに低下します。
それに反比例して、流産率が上昇し、卵子の染色体異常の確率も高くなります。

次回は、基礎体温と、妊活中にとってほしい葉酸について、お話します。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!