新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「女性のがん検診」

現在日本では、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています。
がん検診は、がんを早期に発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることが目的です。

女性特有のがんである、子宮がんや乳がんの患者数は、近年、増加傾向にありますが、子宮頸がん検診や乳がん検診の受診率は低いままです。
発がんリスクを下げるため生活習慣を改善したとしても、がんにかかるリスクをゼロにすることはできないので、早期発見のための、がん検診が重要となります。
がん検診では、初期の段階で発見し、適切な治療を行うことができるので、非常に高い確率で治癒します。

がん検診の受診目安ですが、乳がん検診は、40歳以上の女性で2年に1回。
子宮頸がん検診は、20歳以上の女性で2年に1回受けることが厚生労働省で推奨されています。

がん検診を受診する場合、市町村が実施している検診は、比較的少額の自己負担で受診できます。
また、年齢に応じて、無料で検診を受けられる、クーポンの発行もありますので、詳しくは、お住まいの市町村のがん検診窓口にお問い合わせください。

がんは、早期には無症状のことが多く、症状が出たときには進行している場合があります。
子宮がんも、乳がんも、より早く発見できれば、完治する可能性も高くなりますので、がん検診は、定期的に受けるようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!