新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠初期の注意点」

妊娠初期は、妊娠1ヶ月から4ヶ月で、ホルモン分泌の影響により、体が大きく変化していく時期です。
今回は、妊娠初期に注意したいことをお話します。

まず、喫煙について。
タバコを吸う妊婦さんから産まれた赤ちゃんは、体重が平均的に200g少なくなる傾向にあり、低出生体重児になる確率は、およそ2倍といわれています。
また、自然流産の発生率も、およそ2倍。早産率は、およそ1.5倍。
周産期の死亡率が、およそ1.4倍というリスクがあります。

続いて、服薬について。
妊娠初期に、薬が赤ちゃんに影響するリスクが最も高いのは、赤ちゃんの脳や神経、心臓など、重要な器官ができる、妊娠4週から11週までで、この時期は、まだ妊娠に気づいていないこともあるので、注意が必要です。
もし、薬を服用してしまい、心配な場合は、担当の医師に相談してみましょう。

また、よくご相談のある、レントゲンに関してですが、一般的なレントゲン検査では、赤ちゃんへの影響はほとんど心配ありません。
しかし、妊娠初期には、影響する場合もありますので、むやみに受けることは避けましょう。

妊娠中を通して、アルコールの摂取は、発育障害や知能障害などの可能性を高めます。
特に、妊娠初期の飲酒は、奇形などの発育障害に大きく関わるため、十分に注意してください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!