新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「マタニティスポーツ」

妊娠中は、出産に向け体力をつける意味でも、適度な運動が大切です。
マタニティスポーツは妊婦さんのために考えられたプログラムなので、安心して体を動かすことができます。

マタニティスポーツを始める時期は、妊娠16週以降、妊娠5ヶ月に入る頃で、妊娠経過が順調であれば、妊娠後期の妊娠35週くらいまで行うことができます。
始める際には、必ず、担当の医師の許可をもらってください。
運動の強度にもよりますが、60分以内、週3回くらいまでが良いとされています。
また、お腹が張ったり、気分が悪いときには、すぐに運動を中断して休みましょう。

福田病院では、専門インストラクター指導のもとで楽しめる、4種類のマタニティスポーツのクラスがあり、通院中の妊婦さんは、どなたでも参加することができます。
中でも、マタニティアクアは、浮力・水圧・抵抗などの水の特性を利用して行うエクササイズで、顔を水につけないので、泳ぎの苦手な方でも、参加しやすいプログラムです。
浮力によって、妊娠していることを忘れるくらい、気持ちよく体を動かすことができ、
水圧によって血流が良くなるので、むくみや静脈瘤の予防・改善が期待できます。
また、水の抵抗を利用してトレーニングするので、筋肉に適度な刺激を与えることができます。

体をしっかり動かすことは、ストレス発散にもなります。
自分に合ったマタニティスポーツで、マタニティライフを楽しんでください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!