新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中の旅行」

出産するとしばらくは、赤ちゃんのお世話で忙しい日々が続くので、妊娠中に、ゆっくり旅行したいという妊婦さんもいると思います。しかし、妊娠中の旅行にはリスクが伴うことを知っておいてください。

妊婦さんが旅行をする場合は、必ず、担当医師の許可をもらってください。
胎盤が完成し、安定期に入る妊娠中期から後期の前半、妊娠16週から27週くらいは、旅行をすることも可能です。
しかし、高血圧や糖尿病など、問題があれば、許可が出ないこともあります。

基本的に、海外旅行はおすすめしません。
移動距離も長いことが多く、気候の変化や時差、食事など、体調を崩す可能性が高い上に、もしもトラブルがあった場合には、医療者に言葉が通じず症状が伝わらなかったり、保険が使えず医療費が高額になることもあります。

旅行の移動時間は、2~3時間以内を目安に、なるべく体に負担がかからないようにしましょう。
自家用車での移動の場合、こまめに休憩を挟み、列車や飛行機の場合は、長時間同じ姿勢にならないように、気をつけましょう。
旅行中は、『無理をしないこと』、『体を冷やさないこと』、『重たい荷物を持たないこと』、『母子手帳と健康保険証を携帯すること』。
また、万が一に備え、旅行先で受け入れてもらえる病院を調べておきましょう。

妊娠中の旅行は、余裕のあるスケジュールで、もし、疲れを感じたら、すぐに休むようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!