新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「産後の回復」

産後、子宮が妊娠前の状態に戻る期間、産後6週間から8週間のことを『産褥期』といいます。

まず、分娩直後には、子宮が急激に収縮するので、産後2、3日は陣痛のような痛み、『後陣痛』を感じます。
一般的に、初産婦より経産婦の方が痛みが強く、我慢できないほど痛む場合には、痛み止めが処方されます。

また、産後しばらくは『悪露』という、血液の混じった分泌物が排出されます。
産後数日間は、ほとんどが血液で量も多く、塊の混じったドロリとした赤い色ですが、少しずつ量も減り、色も茶褐色から黄色、白っぽいおりものになって、3週間から6週間で自然となくなります。
量や期間には個人差がありますが、悪露は子宮回復のバロメーターです。
いつまでも出血がダラダラと続いたり、悪臭があるなどの異常があったら、医師の診察を受けましょう。

そのほか、産後に起こりやすいトラブルとしては、38度以上の熱や、悪露の悪臭、下腹部痛を伴うことが多い『産褥熱』。
おっぱいの腫れ、しこりや痛み、発熱などが症状の『乳腺炎』。
尿の回数が多く、排尿時の痛みや残尿感がある『膀胱炎』などです。
もし異常があるときには、すぐに病院を受診しましょう。

産後は、お母さんの心や体にトラブルが起こりやすくなります。
赤ちゃんのお世話も大切ですが、十分に休むことを意識してください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!