新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠初期の症状」

妊娠のサインは、人によりさまざまです。
今回は、妊娠初期に現れる、妊娠の兆候となる症状についてお話します。

妊娠初期とは、妊娠4ヶ月末までのことですが、妊娠は、最終月経の初日を妊娠0週0日として数えるので、月経が28日周期の人で、受精卵が着床して妊娠が成立した時点で妊娠3週ということです。
次の月経予定日が4週目になるので、早ければ、この頃から妊娠による体の変化を感じる人もいますが、 妊娠初期に起こる症状は個人差が大きいため、症状に まったく気づかない人もいます。

一般的には、月経が10日ほど遅れ、妊娠5週~7週頃に気づくケースがほとんどです。妊娠の兆候となる症状としては、まず、『着床出血』は、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こる少量の出血です。
『胃のむかつきや、吐き気』は、『つわり』で、一般的に、つわりが始まるのは妊娠5、6週頃といわれています。
そのほか、『胸の張りや痛み』、『眠気やだるさ』、『微熱や熱っぽさ』、『嗅覚や味覚の変化』、『腰痛』、『頻尿』、『便秘』、『おりものが増える』、『頭痛』などがあります。

妊娠の兆候となる症状は、月経前の症状ともよく似ています。
妊娠している可能性があれば、焦らず、月経予定日を1週間過ぎるまで待って、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、病院を受診しましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!