新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「マタニティスポーツ」

妊娠中、まったく運動をしない生活が続くと、筋力が低下して、お産に必要な筋肉まで衰えてしまいます。

妊娠中は、妊娠生活をより快適に過ごすため、また、お産に備えて体力をつけたり、体重管理の意味でも、適度な運動をすることが推奨されています。
マタニティスポーツを始める時期は、妊娠5ヶ月に入る妊娠16週以降で、妊娠経過が順調であれば、妊娠後期の妊娠35週くらいまで行うことができます。
始める際には、必ず、担当医師の許可をもらってください。
運動の強度にもよりますが、60分以内、週3回くらいまでが良いとされています。

福田病院内にある、メディカルフィットネスクラブ コアラウェルネスには、専門インストラクター指導のもとで楽しめる、4種類のマタニティスポーツのクラスがあり、通院中の妊婦さんは、どなたでも参加することができます。
中でも、マタニティビクスは、音楽に合わせてリズミカルに動く 妊婦さんのためのエアロビクスで、体内に多量の酸素を取り入れながら行う全身運動です。
母体の心拍数や子宮収縮などの調査結果に基づいてプログラムが作られており、お産に役立つトレーニングも行います。
妊娠中の筋力や代謝の向上が期待でき、脂肪燃焼効果も高まります。

妊娠中の適度な運動は、安産にもつながりますし、ストレス解消にもなりますが、くれぐれも無理をせず、楽しみながら取り組むようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!