新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中のインフルエンザ」

妊娠中、インフルエンザにかかると、肺炎などの合併症を引き起こし、重症化しやすいので、注意が必要です。

妊娠中のインフルエンザは、妊娠週数が進むにつれて重症化しやすく、早産や低出生体重児などのリスクも高くなることがわかっています。
また、妊娠初期にかかると、生まれる赤ちゃんに、脳や脊椎、心臓の先天異常の出るリスクが2倍になるという報告もあります。
インフルエンザの予防に一番有効なのは、予防接種です。
インフルエンザにかかることを完全に防ぐことはできませんが、重症化を予防できます。

インフルエンザワクチンは、病原体を完全に排除した不活化ワクチンなので、お腹の赤ちゃんへの影響はなく、妊娠中どの時期に受けても問題ありません。
インフルエンザワクチンを接種した妊婦さんには、感染や重症化の予防に必要な抗体が 90%の確率でつくられ、お腹の赤ちゃんにも免疫力が備わることがわかっています。

予防接種は、国と受託契約した医療機関で受けることができます。
受診の際は母子手帳を持参しましょう。
また、本人だけでなく、家族みんなが受けるようにしましょう。
そのほか、感染予防としては、『不要な外出を避ける』『手洗いうがい』『加湿器やマスクの使用』『こまめな掃除』などがあります。

妊娠中でも抗インフルエンザ薬を服用することができます。
インフルエンザにかかってしまった場合は、他の妊婦さんへの感染を避けるため、まず、かかりつけ医に電話で相談し、指示を仰ぎましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!