新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「つわりについて」

つわりは、多くの妊婦さんが悩まされる妊娠中特有の症状のことですが、中には、治療が必要になるほど重症化する場合もあります。

一般的に、つわりは、妊娠5~6週くらいから始まり、8週~12週くらいにピークを迎え、18週頃には治まることがほとんどです。
しかし中には、出産まで症状が治まらない人もいます。
症状や程度は、個人差が大きく、同じ妊婦さんでも、妊娠のたびに違います。
また、つわりがなぜ起こるのか、原因ははっきりと分かっていません。

つわりの代表的な症状としては、吐き気、嘔吐、唾液量の増加、全身倦怠感、頭痛、眠気、食欲不振、食べ物や匂いに対する嗜好の変化などがあります。
つわりの時期は、無理をしないことが大切です。
食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ食べましょう。

また、つわりの中でも、消化器系の症状が重症化して、脱水・飢餓状態となり、治療が必要になるものを『妊娠悪阻』といいます。
症状としては、『吐き気と嘔吐で食事がとれない』、『食事だけでなく水分も受け付けない』、『食事がとれず急激に体重が減少する』などです。
全妊婦の1~2%程度で、それほど多くはありませんが、重症化すると母子の命にかかわることもあるため、早めの治療が必要となります。

つわりは、妊娠中だけの一過性の症状です。
いろいろと工夫をして、つらい時期を乗り切りましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!