新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「戌の日について」

妊娠してから初めて『戌の日』の風習を知った妊婦さんも多いと思います。
これは、日本古来の風習で、妊娠5ヶ月の『戌の日』に、安産を願ってさらしの腹帯を巻く習慣のことで、『帯祝い』とも言います。

『戌の日』の『戌』とは、十二支の戌のことで、戌の日は、12日に一度巡ってきます。戌の日に腹帯を巻く習慣は、子だくさんで お産が軽い犬にあやかったものです。
また、腹帯のことを岩田帯とも言うことから、『岩のように たくましい赤ちゃんになるように』という願いが込められています。

『戌の日』『帯祝い』をする妊娠5ヶ月頃から、お腹が大きくなってくるため、腹帯を巻くことで、お腹を保温し、お腹を支え腰への負担を軽くしたり、衝撃から保護して位置を安定させたりすることができます。

さらしの腹帯は、日常的には不便なので、最近では、伸縮性のある素材を使った腹巻タイプや、マタニティガードル、手軽にサポートできるベルトタイプなど、さまざまな形や機能のものが市販されています。
お腹の大きさや体調、目的など、自分に合ったタイプを選びましょう。
合わせて下着も、妊娠5ヶ月頃からはマタニティ用のゆったりした物を着用しましょう。

福田病院では、節目節目の行事を大切にしてほしいとの思いから、通院中の妊婦さんに向けて、戌の日に『着帯の儀』を行っています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!