新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中期の体の変化」

妊娠中期とは、妊娠5ヶ月から妊娠7ヶ月のことで、安定期と呼ばれ、妊娠期間中で最も体調が安定している時期です。

妊娠5ヶ月、子宮は、大人の頭くらいの大きさになり、お腹のふくらみも目立ちはじめ、腰まわりにも脂肪がついて、体全体がふっくらとしてきます。
ホルモンの働きで、乳腺が発達し、乳房がワンサイズ程度大きくなります。
多くの妊婦さんが『つわり』も治まり、食欲が出てきて、体重が1ヶ月に1kgくらいずつ増えはじめます。

早い人では、胎動を感じるようになります。
妊娠6ヶ月、胎児の成長とともに子宮も大きくなり、お腹がせり出してきます。
体の重心が前にずれて反り返った姿勢になることや、下半身の血行が悪くなることで、
腰痛やこむら返りなどのマイナートラブルが起こりやすくなります。

この時期になると、ほとんどの人が胎動を感じるようになります。
妊娠7ヶ月、子宮はおヘソの上まで達し、羊水も増えるため、お腹が急に大きくなり、
ますます体のバランスが取りにくくなります。
また、お腹が大きくなることで、下半身の静脈が圧迫され、下肢がむくんだり、静脈瘤ができやすくなります。

妊娠中期は、安定期とは言われますが、胎児の成長や機能もまだ未熟な状態です。
妊娠中ということを忘れず、無理のない生活を心がけましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!