新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「逆子について」

妊婦健診で逆子と言われると気になるものですが、出産までには直ることがほとんどなので、心配しすぎないようにしましょう。

通常、お腹の赤ちゃんは頭を下にした『頭位』で、分娩時は、赤ちゃんの体で一番大きい頭から娩出されます。
それに対し、おしりや足を下にした状態のことを『逆子』といいます。
赤ちゃんの成長とともに、子宮の中が狭くなり、徐々に『頭位』の姿勢になっていき、出産までには落ち着くことがほとんどです。
出産まで逆子が直らない場合、経膣分娩をすると、赤ちゃんに負担がかかるため、多くは帝王切開が選択されます。

逆子は、妊娠8ヶ月に入る妊娠28週頃から確認し始めますが、まだこの時期は、健診時に逆子でも自然と元に戻っていることがほとんどです。
妊娠9ヶ月の妊娠34週頃には、赤ちゃんが大きくなるため、子宮の中が狭くなり、徐々に全身を回転させるのが難しくなっていきます。この時期に逆子の場合、帝王切開を検討して、手術予定日を決めることもあります。
妊娠10ヶ月に入る妊娠36週以降は、赤ちゃんの姿勢が固定されていくため、多くの場合、妊娠38週頃に帝王切開の手術日を設定します。

逆子の場合に破水が起こると、一気に羊水が流れ出て、へその緒が先に出てしまい、赤ちゃんに酸素が届かなくなるため非常に危険です。

破水が起こったときには、すぐに病院に連絡してください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!