新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「お産がはじまるサイン」

お産がはじまるときの兆候は人それぞれです。
いざという時、慌てずに済むよう、どんなサインがあるのか知っておきましょう。
お産がはじまるサインとしては、3つの症状があげられます。

まずは、個人差が大きい、『おしるし』。
子宮口が開き始めたことで出る、血液の混じった粘液状の分泌物で、量や色に個人差があり、まったくない場合もあります。
『おしるし』があっても、すぐにお産が始まるわけではなく、すぐに入院にはなりません。

『破水』は、お産の前に赤ちゃんを包む卵膜が破れ、羊水が流れ出す状態です。
破水をすると、感染が起こりやすくなるため、入浴は避け、すぐに病院に連絡しましょう。
通常、破水すると1日以内にお産になります。
また、破水がないままお産が進むケースもあり、その場合、子宮口が全開になった段階で医師が安全に破水を起こします。

『陣痛』は、赤ちゃんを子宮の外に出そうとする収縮で、はじめは不規則ですが、徐々に痛みが強くなり、規則的になっていきます。
入院の目安は、初産の場合、陣痛が10分間隔になってから、経産婦の場合は、10分~15分間隔になったときが一般的です。
また、臨月に入ると起こりがちな不規則な痛みを『前駆陣痛』といいますが、
これは、陣痛とは別で、周期的になっても、しばらくすると消えてしまいます。

おしるしとは違う大量の出血があり、お腹の痛みを伴う場合は、すぐに病院に連絡して受診しましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!