新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「出産について」

『おしるし・陣痛・破水』があると、いよいよ出産が始まります。
赤ちゃん誕生までの流れを知っておくことは、心の準備にもなります。

出産は、3つの段階を経て進行していきます。
『分娩第一期』は、陣痛の始まりから子宮口が全開になるまでで、初産は10時間~15時間、経産婦は4時間~6時間程度です。
月経痛を強くしたような陣痛が、10分間隔になったら入院になります。
子宮口が開いてくると、陣痛の間隔が短くなり、痛みの継続時間が長くなっていきます。
終盤は、いきみたくても、いきんではいけない時期で、全身に力が入りますが、呼吸とともに『いきみ』を逃します。

『分娩第二期』は、子宮口が全開してから赤ちゃんが生まれるまでで、初産で1~2時間、経産婦で30分~1時間程度です。
陣痛は1分間隔で、痛みはおよそ60秒続きます。
いきみ始めてもよい時期で、陣痛が強くなったピークでいきみます。
基本的には、助産師さんの指示に従っていきめば大丈夫です。

『分娩第三期』は、赤ちゃんが生まれてから胎盤が出るまでで、初産で15分~30分、経産婦で10分~20分程度です。
軽い陣痛とともに、子宮壁から胎盤がはがれ出ます。
このとき、会陰切開をした場合は、縫合をします。

出産は、お母さんと赤ちゃんの共同作業です。
赤ちゃんの動きや大きさ、タイミングによって進み方が変わります。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!