新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「無痛分娩について(1)」

先日本では、全分娩のおよそ5%が無痛分娩で、近年、増加傾向にありますが、諸外国に比べると少ないのが現状です。

無痛分娩とは、麻酔を使用して分娩時の痛みを和らげながら出産する方法です。
無痛とは言いますが、全く痛みを感じないわけではありません。
完全に痛みを取ってしまうと、陣痛が分かりにくくなり、いきむことが出来なくなってしまうからです。


      
日本をはじめ多くの国で行われている無痛分娩の鎮痛方法は、脊髄を覆っている硬膜という膜の周囲に麻酔薬を注入する『硬膜外麻酔』です。
痛みを伝える神経の近くに麻酔をするため、強い鎮痛効果があります。
局所麻酔なので、意識ははっきりとあり、いきむことができます。

しかし、麻酔の影響により、足の感覚が鈍くなり いきむことが難しくなったり、陣痛がわかりにくくなったり、血圧が低下したりと、副作用が起こることもあります。
大変 稀ではありますが、合併症によっては、長期にわたり後遺症が残ったり、赤ちゃんに影響を及ぼすこともあります。


      
無痛分娩が選択される理由としては、妊娠高血圧症候群や体力的な問題など、医学的理由があって、医師から提案される場合と、痛みを和らげることができ、産後の体力が温存できることなどから、妊婦さんの希望で選択する場合とがあります。


      
次回は、福田病院で実施している無痛分娩についてお話します。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!