新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「無痛分娩について(2)」

無痛分娩とは、麻酔を使用して分娩時の痛みを和らげながら出産する方法です。
今回は、福田病院で実施している無痛分娩についてお話します。

福田病院では、一般的な『硬膜外麻酔』という、背骨のところにある硬膜外腔に麻酔薬を注入して痛みを取る方法で無痛分娩を行っています。

対象者は、ご本人の希望がありご家族の同意がある妊婦さんと、医学的適応のある妊婦さんで、原則的に、妊娠37週0日以降で、赤ちゃんの推定体重が2500g以上の方が対象です。
事前に麻酔分娩についての説明を受けたり、麻酔科医の診察や問診、検査が必要となるため、妊娠36週までに決める必要があります。
また、妊娠・分娩の経過で、妊婦さんや赤ちゃんに異常が見られた場合は、無痛分娩ができない場合もあります。

無痛分娩の流れは、分娩日を決めて計画的に行う計画分娩と、自然に陣痛が起こってから行う自然分娩とで 少し異なりますが、麻酔の開始時期は、子宮口の開き具合や分娩の進行状況から、産科医が判断します。
また、当院では麻酔科医が対応するため、無痛分娩の実施は、平日の8時30分から17時の間となっています。

福田病院では、産科医と麻酔科医がチームとなり無痛分娩に取り組んでいます。
無痛分娩が気になる妊婦さんは、どうぞご相談ください。

      

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!