新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「産後の回復」

妊娠や出産で変化した体が妊娠前の状態に戻るまでの、およそ6週間~8週間のことを産褥期といいます。

産褥期は、昔から『産後の肥立ち』といわれ、しっかりと休むことが大切で、この時期に無理をすると、体調を崩しがちになったり、更年期の健康状態にも影響を及ぼすと言われています。

産褥期に起こる主な体の変化としては、『子宮の回復』、『乳汁の分泌』があります。
子宮は、収縮しながら元の大きさや状態に戻ります。子宮から排出される『悪露』という血液の混じった分泌物は、産後1ヶ月を目安になくなっていきます。
母乳は、産後2、3日してから本格的に分泌されるようになり、赤ちゃんが吸うことによって、徐々に量が増えていきます。

また、産後は一時的な軽度のうつ状態になることもあります。
これをマタニティブルーズといい、産後のお母さんの30%~50%に見られます。
主な症状は、涙もろさ、気持ちの沈み、集中力の低下、不安感、不眠などで、産後3日から10日で発症し、多くの場合2週間ほどで自然と治ります。
もし2週間以上続く場合は、ひとりで我慢せずに、周囲の人に気持ちを打ち明け、病院を受診しましょう。

産褥期は、栄養バランスの良い食事をとって、しっかりと体を休ませましょう。
家族に協力してもらって、お母さんは体の回復に努めてください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!