新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「赤ちゃんの気になる症状」

赤ちゃんに現れる症状は、ちょっとしたことでも心配になるものです。
今回は、赤ちゃんの気になる症状についてお話します。
         
気になる症状で多いものが湿疹です。『脂漏性湿疹』は、生後2ヶ月から3ヶ月頃の赤ちゃんによく見られ、頭や眉毛の部分に黄色いかさぶたのようなものができます。
『乳児湿疹』は、赤くブツブツしたニキビのような湿疹で、新陳代謝が盛んで皮膚がデリケートなためにできます。
毎日入浴時に石鹸で洗い、清潔にしましょう。ひどいときには、小児科を受診します。

『おむつかぶれ』の予防法は、ウンチやおしっこの汚れをきれいに拭き取ることですが、こまめにきれいにしても治らないときには、カンジダ症など他の原因も考えられますので、小児科を受診しましょう。

『鼻づまり』は、赤ちゃんの、鼻の穴や鼻腔が狭いため起こりやすいものですが、おっぱいやミルクが飲めるようなら心配ありません。
症状がひどい時には医師に相談しましょう。

赤ちゃんは、横隔膜を調節する神経が未熟なため、少しの刺激でも『しゃっくり』が起こります。
ゲップが出ていない、気温の変化、オムツが濡れたときなど、原因はさまざまです。
無理に止める必要はありません。自然と治まるのを待ちましょう。
様子がおかしい時には、医師に相談してください。

赤ちゃんの発育や症状は、個人差が大きいものです。
色々と気になって調べたりしてしまいますが、専門家に聞くのが一番なので、小児科の医師に相談しましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!