新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「葉酸について」

葉酸は、妊娠を考えている女性に、摂取してほしい栄養素で、妊娠前から十分な量の摂取が推奨されています。

葉酸は、水溶性のビタミンである、ビタミンB群の一種で、ビタミンB12とともに、血液中の赤血球を作る働きをします。DNAの合成や、細胞の分裂・成熟に大きく関わっている重要な栄養素です。
また、多くの研究から、胎児の先天異常である『神経管閉鎖障害』の発症リスクを低減させることがわかっています。

特に、葉酸が必要なのは、胎児の脳や脊髄のもととなる『神経管』が作られる妊娠4週から6週頃という、妊娠のかなり早い段階なので、妊娠する1ヶ月以上前から十分な量の葉酸を摂取しておくことが推奨されています。
また、葉酸が不足すると、お母さんの体では赤血球が十分に作られず 貧血を起こしやすくなり脳卒中や心筋梗塞などの 循環器の病気にもかかりやすくなります。

妊娠すると、胎児に葉酸が必要になるため、意識して多めに摂取する必要があります。
厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、成人で1日に240マイクログラムで、葉酸が最も必要な妊娠する1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは、それに加え400マイクログラムの摂取が望ましいとされています。

葉酸の摂取は、野菜などの食品から摂ることを基本に、サプリメントなどの栄養補助食品で補うようにしましょう。

患者様に無農薬栽培のお米を提供するため開園した『福田病院 母と子の農園』も、今年で30周年を迎えました。

残念ながら今年は、毎年開催している『どろんこ交流会』を中止しましたが、地元の方のご協力により、田植えを無事に終えることができました。

収穫したお米は、入院中の食事やレストランで提供する予定となっています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!