新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「つわりについて」

『つわり』がなぜ起こるのか、原因は はっきりと分かっていません。
全体の50%~80%の妊婦さんが経験するといわれています。

つわりは、妊娠5週~6週頃にはじまり、妊娠7週~11週でピークを迎え、胎盤が完成する妊娠15週~16週くらいで落ち着く人が多いようです。
症状や程度、期間も個人差が大きく、出産直前まで不快感が続く人もいれば、症状がまったく現れない人もいます。
つわりの主な症状としては、吐き気、嘔吐、不快感、眠気、体のだるさ、頭痛、唾液が多くなる、においに敏感になる、偏食傾向、食べていないと気持ちが悪いなどです。

つわりの中でも、消化器系の症状が重症化して、体が脱水・飢餓状態となり、治療が必要になるものを『妊娠悪阻』といいます。
頻度は、全体の0.5%~2%程度で、それほど多くはありません。
初産婦さんの発症頻度が高く、さらに重症化するケースでは、経産婦さんが多くみられます。
妊娠悪阻の症状としては、『1日に何度も吐く』、『体重が短期間に減った』、『水分さえ取れない』、『排尿がほとんどない』、『めまいや嘔吐で起きられない』、『日常生活が送れない』などで、これらが1つでも当てはまる場合は、病院を受診しましょう。

つわりの時期は、あまり食べられなくても、お腹の赤ちゃんには栄養が届いていますので安心してください。食べられるときに食べられるものを食べましょう。

【母親学級についてのお知らせです。】
福田病院では、新型コロナウイルス感染予防対策を十分行った上で、母親学級を開催しております。
また、ご家族参加型の学級、サークルは、しばらく中止させていただきます。
詳しくは、福田病院ホームページをご覧ください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!