新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「無痛分娩について(2)」

無痛分娩とは、麻酔を使うことによって分娩時の痛みを緩和するお産の方法です。

福田病院では、妊娠中から希望されていて ご家族の同意が得られる方、医学的適応がある方を対象に無痛分娩を行っています。

無痛分娩は、全く痛みを感じないわけではありません。
完全に痛みをとってしまうと、お母さんのいきむ力が入らず、分娩が成り立たなくなるので、全体の2、3割程度の痛みに抑え、陣痛に合わせていきむことができる状態が理想です。

日本をはじめ多くの国で行われている無痛分娩の鎮痛方法が『硬膜外麻酔』で、痛みを伝える神経の近くに麻酔をするため、強い鎮痛効果があります。
細くて柔らかいチューブを背中から腰に挿入して、脊髄を覆っている硬膜という膜の周囲に麻酔薬を少しずつ注入し、痛みを和らげていきます。

硬膜外麻酔は、麻酔専門医の管理のもと、妊婦さんとお腹の赤ちゃん両方の様子をモニターでチェックしながら行っていきます。
麻酔薬は、赤ちゃんには届かないので、影響を及ぼす心配はありません。
部分麻酔なので、意識ははっきりとあり、いきむことはもちろん、生まれてすぐに赤ちゃんを抱っこすることもできます。

無痛分娩には、分娩日を決めて計画的に行う計画分娩と、自然に陣痛が起こってから行う自然分娩とがあり、麻酔の開始時期は、子宮口の開き具合や、分娩の進行状況から、産科医が判断します。
また、当院では、麻酔科医が対応するため、無痛分娩の実施は、月曜日から土曜日の8時30分から17時の間となっています。

当院では、産科医と麻酔科医がチームとなって取り組み、安全な無痛分娩を目指しています。
無痛分娩が気になる妊婦さんは、どうぞ ご相談ください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!